忙しくてもスキマ時間に短期治験バイト!

2019年9月19日

治験と聞くと長期にわたって拘束されるイメージを持たれる方も多いと思いますが実は、日帰りや通院、土日でできる短期の治験も多く存在します。

平日はお仕事のサラリーマンや学生さんや主婦の方に人気の求人も多くあります。副業や空いた時間の有効活用に参加する方が増えています。

1.短期治験って?

治験には、その案件によって1日で終了するものから1か月以上施設に入院するものもあります。

その所要時間によって協力費(治験完了後、又は一定の治験期間完了後に支払われる金銭)が変動します。

一般的なアルバイトに比べ非常に高額な案件が多く、人気の治験バイトは競争率が高く先着順の取り合いになっているところもあります。

短期の治験の場合には、日帰りや土日でできるものや条件によっては数時間で終了する求人もあります。

サラリーマンの方や学生、女性の方でも安心の治験。生活時間や勤務地域、性別や年齢、健康状態などから幅広い選択肢の中から条件に合った治験の求人に参加することができます。

今回は数ある治験バイトの中でも、特に時間にシビアな生活を送られている、忙しい方に向けた「短期の治験バイト」についてご紹介します。

2.短期治験のメリット

【時間】

まず、短期治験バイトのメリットとしては、やはりお手軽・気軽に参加しやすいといった部分で、日程や時間の制約が少ないことです。

長期にわたる治験は、時間がかかることはもちろん、多くの制約や長い時間集団生活を送るなど、身体的・精神的なストレスを感じることもあります。

短期の治験の多くは、1時間~3時間程度のもので簡単に隙間時間で治験に参加することができます。

あらかじめ予約を入れておけば、休日の空き時間や仕事帰りなどに立ち寄って参加することができますので、ご家族やお子様がいても日常生活のリズムを崩すことなく効率的に行えます。

【治験内容】

短期治験バイトの多くは、手間のかからないものとなっており、持久力テストや汗のサンプル採集などから、新薬クリームのパッチテスト、ハンバーガーを食べて血糖値の測定をするなど、長期の治験バイトと比べると簡単な内容が多くなっています。

また、定期通院や宿泊などの長期治験バイトに比べると身体的・精神的な負担も少なく、気軽に参加しやすい内容が多く取り上げられるのが印象的です。

【継続】

基本的に即日終了の求人が多く見受けられます。

募集条件に記載された日時に現地にて治験を行い、その日限りで治験が完了します。

後を引かず、その日に現金手渡しか後日振り込みを待つ(多くの場合は現金手渡し・後日振り込みの選択ができない為、事前に案内された金銭授受の方法に従います)だけなので、連絡を待つなどの煩わしい作業を必要としない点も大きなメリットとして挙げられます。

また、短期の治験バイトの中には特殊な案件もあります。

即日終了ではなく、初日でパッチテストを行い、後日様子を報告するために立ち寄るなどの一見面倒に見える参加条件を提示している求人が見受けられます。

例:

【初回治験】○月×日(金)18:30~

化粧品サンプルのパッチテスト

【最終治験】月×日(土)11:00~

パッチテストの経過観察

上記のような例に挙げたモニター募集では、金曜日の仕事終わりに立ち寄ってからパッチテストを行います。

その後日、土曜日は仕事が休みなので、午前中に経過観察のために再度立ち寄って完了。

など、生活の隙間時間を上手に使うことができます。

このような一見すると特殊な日付や時間の指定があるモニター求人でも、参加を希望する身となってみれば、自分の生活時間と条件がマッチした時にはちょっとうれしい求人です。

治験バイトはあらゆる分野において非常に多く存在します。自分の生活の隙間時間を見つけて最良の条件にマッチする求人があるはずです。

【時給(協力費)】

治験バイトの多くは、時給換算すると非常に効率的で莫大な数字が得られます。

こちらについては長期でも短期でも案件によって大きく変動することになります。

一般的な短期アルバイトなどと時給を比較すると数倍から数十倍にもなりますが、参加条件が詳細に記載されている為、自分の条件に合った募集でないと参加することができません。

逆に、募集条件が自分に見合っているのであれば、積極的に参加することで時間を有効活用したお小遣い稼ぎにもなります。

夏休みや長期休暇を利用して治験バイトで協力費をもらって残りの休みを満喫するなど、治験バイトにおける協力費の魅力は、老若男女問わず人気である理由です。

3.短期治験にはどんなものがあるの?

・美容系モニター

シワへの効果が期待できるクリームのモニター

アトピーや乾燥肌向けクリームのモニター

ニキビ改善のモニター

スキンチェックモニター

脱毛エステのモニター

パッチテストモニター

美容に気を使いながら、参加できる求人も多数あり人気が高い治験です。

女性だけでなく、男性向け化粧品のモニターもあります。

特に美容に興味関心や知識がなくとも参加することができますので、お肌の条件に見合った募集を探してみたりするのも良いかもしれません。

ニキビ改善のモニターなどでは新薬を誰よりも早く使用できるなど、お肌のトラブルでお悩みの方に向けた求人もあります。

採血がない美容関連の治験やパッチテストや、クリームを自宅で使用するモニターなどは拘束時間が短く内容が端的な為、初めて治験をする方にもオススメです。

・健康食品モニター

血糖値を下げるサプリメントのモニター

ハンバーガーを食べて血糖値の上昇を測るモニター

膝の痛みを改善するグミのモニター

ダイエットサプリメントのモニター

ハンバーガーを試食と血糖値の検査などは一度で二度美味しい治験です。もちろん、ハンバーガーは無料で支給されますし、血糖値の観測までは本を読んだり携帯を触ることもできます。

測定完了後には協力費の支給が行われますので、ハンバーガーも食べられて協力費ももらえる、一度で二度美味しい食品モニターです。

血糖値にお悩みの方やダイエットなどをお考えの方などに向けた、募集条件を提示しているところも多く見受けられますので、ご自身の血糖値や体形を把握してから条件にマッチした求人に応募しましょう。

・自主研究試験

筋肉量調査モニター

骨量調査モニター

体力調査モニター

やせ・肥満の実態調査を行うことを目的とした試験です。

例:

性別:女性

年齢範囲:19歳~29歳

BMI値:16~18.49

※治療中の病気がない方

※出産経験が無い方

※その他臨床試験やモニターに参加していない方

多くの自主研究試験モニターは、性別、年齢範囲、BMI値などの細かな指定があります。

注意したいのは、特記事項に記載されている内容です。

治療中の病気や出産経験の有無で参加条件が変わってきます。治験に参加してから見落としていた。なんてことにならない為にも事前に募集条件をしっかりと確認するようにしましょう。

内容としては、各種項目の測定となっており、よくある身体測定のようなイメージです。

採血がある場合は必ず募集要項に記載がありますので、チェックしておきましょう。

・新薬の治験

ジェネリック医薬品の治験

新薬のクリームの治験

最近よく耳にするジェネリック医薬品の治験は、先発医薬品と同じ有効成分で、効き目・安全性を同等とする商品化を目的としたものです。

厳しい審査基準をクリアし厚生労働大臣の承認を受け、国の基準・法律に基づいて製造・販売されるため、安心して利用できます。

先発医薬品と比較しておおよそ安価に提供できるように開発されているものを服用し、治験を行うものです。

治験内容は、支給された薬を服用するだけですが、その後の観測が必要となってきます。

ここでは日帰り通院タイプの求人を例にとって挙げています。

メリットは支給される協力費が高額な点と、治験内容が新薬の服用という簡単な点です。

デメリットとしては、決められた日付・時間に経過観察のため、病院へ行かなければならない点ですが、ここも日常生活の隙間時間にマッチすれば非常に効率的です。

短期治験を選ぶポイントとしては

・日程

短期とはいえ、24時間無制限の参加ではありません。

募集条件に記載されている時間に現地に出向く必要がありますので、自宅や会社、学校などの通勤・通学コースから遠くない場所を選びましょう。

・報酬

治験の場合には負担軽減費として報酬として支払われます。

長期間の治験の場合は高額な場合が多いですが、短期の場合には7000~10000円が相場となります。

一般的な相場よりも高額なものについては急募や特殊な参加条件があります。

多汗症や貧血気味、糖尿などにお悩みの方に向けたものなどが特殊な参加条件にあげられます。

自分にあった求人条件を確認して応募しましょう。